彷徨

時折見せる 尖った感情
収めたくても収められない刃
否定しつつも とめどとなく溢れくる激流

本当の自分はこうじゃない
本心は違うんだ・・・
そう思ってはいても
後から後からこみあげてくる怒り・憎しみ・・・

何をそこに見出そうとしてるのか
何を求めて足掻き続けるのか
何のために…


なにもありゃしない
求める先には 何にもありゃしないんだ
分かっているはずなのに
気づいているはずなのに...

ただ この場から逃げ出したいだけ
自ら虚の答えをでっち上げ
あたかも真実がそこにあるかのようにふるまい
嘘を嘘で繕いながら誤魔化すしか術がない魂
ただ この場を逃げだしたいだけ
この空間 このときを逃げ出したい
この世界から違う世界へと跳んで行きたい

今を見捨て あるはずもない未来を求め彷徨う魂
答えなどあるはずもない問いかけに
必死で答えを求めようとしている
ただ逃避したいがために・・…

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック