彷徨

時折見せる 尖った感情 収めたくても収められない刃 否定しつつも とめどとなく溢れくる激流 本当の自分はこうじゃない 本心は違うんだ・・・ そう思ってはいても 後から後からこみあげてくる怒り・憎しみ・・・ 何をそこに見出そうとしてるのか 何を求めて足掻き続けるのか 何のために… なにもありゃしない …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

決断

日々 さまざまな感動はあれども “生きることは素晴らしい” と 心からそう言える人は きっとそう多くないだろう “死”に直面した者のみが感じることができるものだと思う この世に身を置いているうちにはいろんな困難がある その困難にぶち当たった時 道は二つに分かれる 楽な道 険しい道の・・・ 生きて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

迷路

淋しいね なんだか とっても淋しいね なんでかな リセットしたい 今までの自分 今までの全部 なにもかも無かったことにして もう一度最初からやり直したい ・・・・・・・ でもさ 叶わない願いなんだよね 醜い心 悲しい時間 辛い思い出 みんなそのまんま背負っている …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ひとりごと 5

生きること それはいくつもの偶然が ただ重なっているだけのこと まるで細い綱の上を歩く ギリギリの綱渡りのよう いくつもの偶然・・・ そのいくつもの偶然の たった一つが欠けても バランスは保てない 途端に旅は終わる... 綱渡りをしながら 何を捜し求め 何処へと向かうのか 台本も地図も存在しない世界…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひとり言 4

無駄? そんなもの なにもないよ 生きている それはみんな 意味があること… 無意味な存在なんて ありはしない みんな だれかの為に みんな だれかの力で 生きている いきてるからこそ 苦しかったり辛かったり その苦しみをいま乗り切らないと… また繰り返さないために
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ひとりごと 3

人々は進む 未だ見ぬ大地を目指して 人々は進む 立ちはだかる嵐の中を どんなに遠くても どんなに険しくとも 時の果てにある聖地を目指して 人々は進む ・・・・・ 道がなければ 未来という名の道を作り 大河が横たわれば 愛という名の橋を掛け 山が立ちはだかれば 希望という名の虹を渡り 海原が広…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ひとりごと 2

人類は自ら生まれてきたわけでもなく 最初から存在してたわけでもない 大いなる意思によって創られ 自我を与えられ 繁栄をゆるされてきた 使者として 開拓者としての役割を背負い 短い歴史を築いてきた人類 しかし 自らに人類は負けた 明と暗 善と悪 表と裏 生と死 存在するものすべては 相反するもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひとりごと 1

鈍感ゆえに あのとき本当の気持もわからずに…ごめんなさい きっとわざとじゃないと わかっていたのに 睨んでしまいました…ごめんなさい いつもいつも我儘ばかり言って 優しい言葉のひとつも言えなくて…ごめんなさい 愚図でのろまで覚えが悪くて いつも苛々させていたね…ごめんなさい 人見知りが強く あなたの優しさに応えら…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

想い 9

・・・ あなたに会えない毎日 ひとり 物思いに沈んでいます 顔では笑っていても ・・・心の中は荒波です 少ないあなたとの思い出が 少ない記憶の中で 小さくなっていきます 褪せていく色 薄れていく影 失いたくない思い出 失うわけにはいかない あなたとのこと... もっとたくさんあったなら良かったのに …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

想い 8

いま 何も思い浮かばない・・・ 頭ではいつも たくさんのことを考えているのに 言葉にしようとすると 何も出てこない 伝えたいこと 聞いて欲しいこと 山ほどあるのに なのに言葉が出てこない ただあるのは 伝えられない歯痒さ 情け無いほど 震えてる自分...
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

想い 7

知ってください 私のこと あなたに知っていてほしいんです なにもかも あなたに隠し事をしたくないから 私のすべてを知っていて欲しい... たとえそれゆえ嫌われようとも それは仕方の無いこと それでも 何も知らないで突き放されるより どれだけ楽なことか... だから私のありのままの姿 まっすぐに見つめてくだ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

想い 6

毎日があっという間に過ぎていく 同じ場所に立ち止まることを まるで許さないかのように それでも 気持ちはいつまでもそこにある・・・ 一番居たい場所に いつまでもそこから離れまいとして 必死でしがみついている ・・・きっと 弱さゆえに もう一度 逢いたいと願って...
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

想い 5

いつも どこにいても あなたを想う 何をしていても 何を食べていても いつも思う 「あなたと一緒だったら...」 ...朝...昼...夜... そして夢の中までも あなたを想わずにはいられない いつも どんなときも・・・
トラックバック:4
コメント:4

続きを読むread more

想い 4

すべてはあなたが中心の毎日 現実ではなんのつながりも無いのに 妄想の中ではいつもあなたが中心... あなたなしでは何も考えられなくなってる 自分の人生なのに まるであなたのための人生... いないはずのあなたの影を いつも隣に感じていたい...
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

想い 3

こんなに近くにいるのに すごく遠くに思えてなりません あなたが誰かと話していても それを嫉妬の目で見ているだけしかできません・・・ 誰よりもあなたのことを想っているのに 誰よりもあなたが好きなのに ただ 遠くに見てるだけ 近いのに なぜ遠いんですか 好きになってはいけない人だからで…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

想い 2

100日 ください あなたの残りの人生のうち 100日だけ 預けてください そのかわりに 100の幸せをあなたに贈ります 本当は全部ほしい あなたのすべて... でもそれは望んではならないこと あなたは 求めてはいけない人 そんなこと わかっています 頭ではわかっています でも・…
トラックバック:5
コメント:3

続きを読むread more

つぶやき 19

あなたは 誰かを助けていますか あなたしかできないことで 誰かを助けていますか たしかにその人は 助かってます あなたに助けられてます でも... それはまた あなたが助けられてるんだ ということも 忘れないでください
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

想い 1

いつからだったでしょうか 気付けば気になって仕方がありませんでした いつの間にか 心はあなたのことでいっぱいになって 寝ても覚めても いつも あなたのことばかり考えています 人を好きになるのは 別に悪いことではないのに でもあなたは 好きになってはいけない人 想いを伝えてはならない人 許されぬ想いゆ…
トラックバック:3
コメント:4

続きを読むread more

つぶやき 18

いつも 後回しにしてきた いろんなことを 後回しにしてきた 「明日になったら」 「今度の休みになったら」 「これが終わったら」 「体調がよくなったら」 「春が来たら」 ・・・・・・・ いつも 後回しにしてきた いろんなことを 後回しにしてきた そのときの自分に自信がなかったから? そのときの自分に甘えが…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

つぶやき 17

何かを失ったとき そのとき どうするだろう かけがえの無いものをなくしたとき 何ができるのだろう “望まなければ 何も失うものはない・・・” というけれど だけど... 望まなければ 何も変わりはしない 望まなければ 歩みを止めてしまうだけ 手に入れられなくたって 望みを持っていたい いつも不安と隣り合わせの日…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more